CATEGORYカテゴリから探す
トップス
ボトムス
アンダーウェア
ソックス
グローブ
帽子・ネックゲイター
機能タイツ・サポーター
フットウェア
リュックサック・バッグ
ストック
冬山ギア
クライミング
シャワークライミング
テント・タープ
シュラフ
バーナー
ランタン
燃料
BBQ・スモーク
キャンプ ファニチャー
キャンプ クッカー・キッチン用品
コッヘル
食品
ナイフ・刃物
ヘッドランプ・ライト
サングラス・ゴーグル
ボトル・ハイドレーション
エマージェンシー
精密機器
夏の便利グッズ
コスメ
タオル・ハンカチ
クリーナー・ケア商品
リカバリ・テーピング
細引き・補修パーツ
書籍/ビデオ/地図
時計
フィッシング
ダイエット・健康器具
トラベル
玩具
SUP
その他

登山の魅力のひとつが夏山。
今回は初心者の方にもわかりやすく夏山の魅力、夏山を安全・快適に
楽しむための気をつけたいポイント・夏山に必要な装備をご紹介します。
そして日本の山で積み重ねた経験をもとに商品開発を行う
ファイントラックより夏山におススメのアイテムを紹介します。

夏山の魅力

梅雨が明ければ、いよいよ登山のハイシーズン、夏山シーズン到来です!
夏山の魅力はどこまでも続く稜線と青い空、高山植物のお花畑、高山ならではの爽やかな風、
そして1歩1歩自分の足で前に進み、頂上に立った時の達成感は一生忘れられない夏の思い出になります。
夏は日照時間も長く、気候も比較的安定し登山に最適な季節です。

夏山で気をつけたいポイント

  • 1.標高
    1000m高くなると、気温は6度下がります。
    例えば0mの最高気温が30度、最低気温が20度だった場合、
    標高2000mでは最高気温が18度、最低気温が8度
    標高3000mでは最高気温が12度、最低気温が2度になります。
    フリース・中綿ジャケット等の保温ウェアは必ず持っていきましょう。
  • 2.風
    風速1mの風が吹くと体感温度は1度下がるといわれています。
    風が吹くと汗で濡れたウェアが一気に冷え、体が震えるような汗冷えを起こします。
    レインウェアは防水だけでなく防風ウェアとしても使用できます。また肌をドライに保つファイントラックのドライレイヤーは汗冷え対策に非常に有効です。
  • 3.熱中症
    標高が上がると気温は下がりますが日差しは強いです。
    炎天下で行動を続けると熱中症になりやすいので、こまめな水分補給と塩分補給を心がけましょう。1日の行動で約2リットルの水分が必要です。

山では天候が急変し、急な雨がふることがあります。
必ずレインウェア・レインパンツを持っていきましょう。
また、道迷いや怪我のリスクもあるのでエマージェンシーの道具も必要です。
夏山に必要な代表的なウェア・道具をご紹介します。

今回は夏山を安全・快適に楽しむために重要な防風・防水・体温を下げないための
汗冷え対策や非常時のエマージェンシーにおすすめの
ファイントラックの高機能アイテムを紹介します。

MADE IN JAPANのアウトドアメーカー。神戸市を拠点に「遊び手=創り手」の開発姿勢と、日本の繊維技術を駆使した「独自素材」にこだわって、日本の山岳環境に合ったウエア&ギアを創っています。登山レイヤリングの新常識を生んだ汗冷え対策アンダーウエアのドライレイヤーや、防水透湿素材でありながら驚異の伸縮性をもつアウターシェルなどを開発。山での一日を、無事に快適なまま終わるために、finetrack製品はあります。
エバーブレスフォトンジャケット
ファイントラック樫本さんの
夏山おすすめポイント
これまで使っていたレインウエアは着心地も悪くガサガサするのでザックの中にしまいっぱなしになっていることが多かったのですが、初めて使用した際エバーブレスフォトンの裏地の肌あたりの良さに非常に驚きました。
レインウエアなのにごわつきが少なく半袖シャツの上から羽織っても不快感がない為、風を避けたい時や保温着としても活躍しており、しまいっぱなしになることがめっきり減りました。ストレッチの効き具合も秀逸で、特にパンツはトレッキングパンツと遜色がないほど容易に足上げが出来る為、登山は大いに活躍しています。
ドラウトゼファージップT
ファイントラック樫本さんの
夏山おすすめポイント
手に取った時思わず「軽い!」と言ってしまうくらい軽量で薄手のベースレイヤーです。
圧倒的な生地の薄さにより熱がこもらず暑い夏山でも風が良く通り、非常に快適に過ごすことが出来ます。
盛夏の登山では少しでも涼しく過ごしたいため、この生地の薄さは非常にありがたいです。
また、ザックの中に忍ばせておいても嵩張らず非常に軽量な為、いざという際の着替えとしても持ち運びができ、盛夏のアクティビティに大活躍しています。
カミノパンツ
ファイントラック畑本さんの
夏山おすすめポイント
汗をかいた脚にパンツの生地が張り付いて、大きな段差を乗り越えるときに膝周りがつっぱってしまったりするのは嫌で、夏はショートパンツ派の私。
そんな私を変えたのがカミノパンツでした。
ベンチレーションでウエア内の換気ができて涼しく、ストレッチするので脚上げ時もストレスを感じません。また、タフな生地で休憩時に何も気遣わず岩の上に座れるのも安心ですし、シルエットがきれいで美脚に見えるのも嬉しいポイントです。
ピコシェルター
ファイントラック畑本さんの
夏山おすすめポイント
ザックの隙間にスルリと入るこのサイズが嬉しい「もしも」のためのアイテムですが、実は危急時以外にも活用方法はいろいろ。
風の当たる稜線で休憩するときや、複数人での山行中にちょっと疲れて自分だけ登頂をあきらめて友人たちを待つとき、さっと広げて包まるだけで体温を維持でき無駄な体力消耗を防げます。
さらに人前で着替える必要が出てきたときは、ポンチョのように被ってその中で着替えることも可能で、これがなかなか便利。

夏山を快適・安全に楽しむために重要な汗冷え対策。肌をドライに保ち、体温を守る、メッシュのアンダーウエア・ファイントラックのドライレイヤーを好日山荘スタッフが徹底レビュー

↓↓↓↓↓

ここでは紹介しきれないファイントラックの高機能アイテムはこちらをチェック!

夏山第二弾は富士山を徹底特集!お楽しみに!!