CATEGORYカテゴリから探す
トップス
ボトムス
アンダーウェア
ソックス
グローブ
帽子・ネックゲイター
機能タイツ・サポーター
フットウェア
リュックサック・バッグ
ストック
冬山ギア
クライミング
シャワークライミング
テント・タープ
シュラフ
バーナー
ランタン
燃料
BBQ・スモーク
キャンプ ファニチャー
キャンプ クッカー・キッチン用品
コッヘル
食品
ナイフ・刃物
ヘッドランプ・ライト
サングラス・ゴーグル
ボトル・ハイドレーション
エマージェンシー
精密機器
夏の便利グッズ
コスメ
タオル・ハンカチ
クリーナー・ケア商品
リカバリ・テーピング
細引き・補修パーツ
書籍/ビデオ/地図
時計
フィッシング
ダイエット・健康器具
トラベル
玩具
SUP
その他
1982年に日本で誕生。フライフィッシングを起源とし、
自然との融和・共生をテーマに、アウトドア・クロージングを展開。

Foxfireが立上げ当時から取り扱ってきたテーマが「クワイエットスポーツ」です。

クワイエットスポーツとは、その名のとおり、自然の中で騒ぎたてることなく穏やかに楽しむスポーツのこと。フライフィッシングは代表的なクワイエットスポーツのひとつと言えます。

だから自然を壊してしまうようなスポーツのための衣服は
つくりたくありません。

フライフィッシングというスポーツが持っているエコロジカルなマインドを原点としていきます。
自然と共にあるこのすばらしさを知る人々に貢献するクロージングをつくっていきます。

それは、「自然への挑戦」や「自然の征服」とは異なり、
「自然との融和」「自然との共生」をなす知恵から発生しています。

そして、それはFoxfireの
総てのものづくりの思想やテクノロジーに結びついています。

自然との融和・共生をテーマに
アウトドア・クロージングを展開

ブランド創立当初のオールラウンダーベストに現代のカッティングを加えたフィッシングベスト

アルフラックスフィッシングベスト カーキ

ブランド創立当初に発売したオールラウンダーベストを現代のカッティングと最新の部材でリファインした、スプルースラインのアイコンアイテム。 高密度に織り込んだウェザー生地にパラフィン系ワックスを含浸させたアルフラックスクロスを採用。 使い込むほどに味わいが増し経年変化を楽しめます。 裏地に用いたカモフラージュ柄は、水中から魚眼レンズで陸上を覗く実験を繰り返し作られた、フィッシング仕様のFoxfireオリジナルパターンです。

パーツごとにパラグライダーキャノピー(翼)を使用した スペシャリティ仕様で復刻。

40thフライングエマジャケット

素材は、耐久年数を過ぎて役目を終えたパラグライダーのナイロン生地をアップサイクル。 ボディパターンはパーツごとにパラグライダーキャノピー(翼)の上で手作業で裁断しています。 そのためパーツごとに柄の出方が違うなど、他にはない味のある質感とともに、ここだけの特別な価値を実現しています。 ざっくりと着こなすオールドスタイル、背面にあしらった旧ロゴなど、記念モデルとして拘り抜いた仕立ても大きな魅力です。

魚眼(フィッシュアイ)から見た場合にステルス性が発揮され、 警戒心の強いトラウトを相手にする釣り人の良き相棒

フィッシュアイカモシャツ

Foxfireオリジナルの「フィッシュアイカモフラージュ」の柄シャツ。水中の魚眼(フィッシュアイ)から見た場合にステルス性が発揮される特別なカモフラージュ柄で、警戒心の強いトラウトを相手にする釣り人の良き相棒となるシャツです。強度と速乾性能のバランスに優れるポリエステル・コットンの混織素材で、春から秋シーズンに対応した生地厚となります。2カラーのカモフラージュ展開から、よりフィールドやシーズンに適した方をお選びください。

自然を壊すことなく、自然と共にあるために。
Foxfireのアウトドア・クロージングを是非おためしください。

Foxfire


FOR Foxfire

私とフォックスファイヤーとの出会いはフードの取り外しができるゴアテックスジャケットです。 レインジャケットとしてはフードは必須ですが、防風ジャケットとして着るときにフードが煩わしく、フードの取り外しのできる商品を探しましたが防水性の高さが魅力のゴアテックスでは中々見つからず、諦めていた時に友人に教えてもらいフォックスファイヤーの商品と出会いました。 フードが取り外せると聞くと小さなことのように聞こえますが、実際に使用すると下にフードつきのフリースを着た時にフードが重ならないなど利便性が非常に高いです。 私はフォックスファイヤーの魅力は細部の使い勝手へのこだわりだと思っています。この商品からフォックスファイヤーの大ファンになり、袖口が2重になり腕が濡れにくいフィッシングジャケットなどを愛用しています。 細部にこだわり続けるフォックスファイヤーのモノづくりから目が離せません。